月別アーカイブ: 2015年1月

【3月1日に順延 】進化を続けるS-TRAIL Round-3

sst-3

前回のSPEED TRIAL Round-2では、路面の改良メンテや新セクションの組み込みにより、初級者から上級者までの満足度が最高潮に達した手応えを感じましたが、みなさまはいかがでしたでしょうか? ベースエリアの休憩スペースも整い、ケータリングもご飯メニューが増えるなど、トレイルとしてのトータルの楽しさ・完成度は着実に進化しているものと思います。
さて、3月1日(日)のSPEED TRIAL Round-3についてはスタート地点を引き上げ、コース距離を延長いたします。そして新たに『エクストリームクラス』を設定して、エリートライダーが競い合える舞台を整えることといたしました。

実はこれ、中・上級ライダーのみなさまに向けた”カイゼン”の一つなのです。

最上級クラスを設定することで「スポーツクラスじゃ物足りないし、エキスパートではコースが難しい・・・」と考えていらっしゃった方々にも、クラスを悩む事なくエントリーいただけるようになると考えています。

スポーツクラスとエキスパートクラスは同一コースを使用しますので、ご自身の経験や前2戦の結果をふまえて、クラスをお選びください。なお、今回はトランスファージャンプ脇を通過するレイアウトと、ロックセクションへ飛ばずに進入できるラインをご用意しており、安全かつチャレンジングで楽しいコース内容になっていますよ。

また、ビギナー・ガールズ・キッズの各クラスも基本レイアウトはそのままに、ゴール前の最終セクションで、これまで使用しなかったリズムセクションを走っていただきます。使うセクションが変われば、走りの印象もガラリと変わる。リピーターライダーのみなさまのご参加をお待ちしております。
※3月29日実施予定の計測会は主催者都合により中止といたします。
 その為、毎月第4日曜日としていた定期計測会は今回のRound-3で終了となります。
 春以降のイベント予定については決定次第ご案内いたします。

ぜひこの機会にS-TRAILのダウンヒルコースをお楽しみください!

 

■『S-TRAIL SPEED TRIAL ~スピード トライアル~ ROUND-3』 募集要項
S-TRAIL内の特設ショートコースを使用したタイム計測会( 光電管計測UEDA SYSTEM使用 )

・日時:3月1日(日)雨天時は翌週順延 (路面状況を元に前日に判断いたします)
・場所:静岡県静岡市清水区宍原 (新東名高速道路 新清水ICから約2分)地図はこちら
・定員:80名
・参加クラス:
ビギナー・ガールズ・キッズ(小学生)/スポーツ/エキスパート/エクストリーム
・参加費:大人4,000円 小学生1,000円 (観戦無料)※小学生料金を無料から1,000円に改定
・支払い方法:当日受付時に現金でお支払いください。
※参加費は、トレイル用地使用料・維持管理費、レンタカー費、計測機器使用費などに充ます。
・スタート搬送:ゆるやかな林道の自走・押上となります。(約7分~15分程度)
・主催:S-TRAIL

■■■お申込みはWebから簡単エントリー♪■■■■
https://lovespo.sakura.ne.jp/mail/s-trail-st/
エントリー受付期間:~2月25日 22:00まで


■コース難易度とクラス分けについて

☆今回よりスタート位置をコース上部に引き上げ、走行距離を延長しております。押し上げの距離も少々伸びておりますのでご承知おきください。

○ビギナー・ガールズ・キッズクラスについて
初級者の方でも無理なく走れて楽しいと感じていただけるコースをご用意していますが、斜度のある山道を走行しますので、オフロード走行経験のある方が対象となります。

○スポーツ・エキスパートクラスについて
MTBの乗車経験の豊富な中級~上級ライダーに向けて、新たなコースレイアウトをご用意します。名物ロックセクションへは安心して進入できるラインをご用意いたします。
(参加者数によってはエキスパート女子クラスも設定します)

○エクストリームクラスについて
エクストリームクラスでは、スタート地点のロードギャップや岩落とし、ゴール前のステップダウンに加えて、新設セクションの『ハイスピードドロップ』(迂回なし)を使う予定で準備しております。
※エクストリームクラス表彰者にはS-TRAILから賞金を用意いたします。

なお、エクストリームクラスへの参加は、DHI 過去にエリートクラス登録実績者および2014年度Jシリーズエキスパートクラスのナショナルランキング上位20位までの記録保持者に限ります。

 

■駐車場→トレイルへの搬送について
S-TRAILはトレイルまで険しいオフロードが続くため、マイカーでのお乗り入れは出来ません。駐車場から搬送トラックにてピストン輸送しますので、バイク・ヘルメット・プロテクター、飲物、折り畳み椅子などをお持ちのうえで準備をお願いします。※駐車場にはトイレはありません。近隣のコンビニにお立ち寄りください。

また会場では、ケータリングサービスで温かいお食事を販売いたします。500円~1000円程度の小銭をご用意ください。

 

■タイムスケジュール

7:00 受付開始・搬送開始 駐車場集合・受付 (新東名高速道路 新清水ICから約2分)
7:00 – 8:30 トレイルへ搬送
8:00 – 9:00 コースウォーク(必ずコースウォークを行ってください)

■試走タイム
9:00 – 9:25  キッズ・ビギナー・ガール・スポーツ・エキスパート試走
9:30 – 9:55  エクストリーム試走
10:00 – 10:25 キッズ・ビギナー・ガール・スポーツ・エキスパート試走
10:30-  10:55 エクストリーム試走
(試走中の途中停止、コース押し戻し、逆走は安全のため禁止いたします)

■タイムドセッション(計測1回目)
11:05:00〜 ビギナー・ガール・スポーツ・エキスパート
11:35:00〜 エクストリーム
11:56:00〜 終了予定
昼休憩(ケータリング有り:ご自由にお食事を)

■試走タイム
12:45-13:00 ビギナー・ガール・スポーツ試走 1本のみ
13:05-13:20 エキパ試走 1本のみ

■ファイナルセッション(本戦計測)
13:30:00 – 13:43:00  キッズ(前走者がゴールしたらスタート)
14:00:00 – 14:24:00  ビギナー・ガール・スポーツ・エキスパート
14:30:00 – 14:52:00  エクストリーム
15:10 表彰式
15:30 解散 (自走で駐車場までお戻りください)

※参加人数によってタイムスケジュールは予告なく変更となる場合があります。


■注意事項
・ヘルメット・グローブを必ずご用意ください。ジャンプ・ロックセクションにトライする上級ライダーにはプロテクターやネックブレースの着用も推奨いたします。
・試走中の途中停止、コース押し戻し、逆走は安全のため禁止いたします。
・トレイルでの怪我は自己責任となります。無理の無いライドを心掛けてください。
・また計測会では保険の手配は行いません。各自でスポーツ障害保険などにお申込みください。
・トレイル内は森林のため喫煙厳禁です。定められた喫煙場所をお使いください。


お申込みはWebから簡単エントリー♪

https://lovespo.sakura.ne.jp/mail/s-trail-st/
エントリー受付期間:2月25日 22:00まで

なおRound-2 ビギナー、スポーツ、ガールズクラスの表彰者は
以下のエントリー費用割引特典があります。
1位(無料参加特典)、2位(2,000円割引特典)、3位(1,000円割引特典)


■集合場所・駐車場地図 (すぐ近くにコンビニ・ローソンがあります)

※駐車場までの道路は、周辺地域の生活道路となります。運転速度にはご注意ください。

なお、この『 S-TRAIL SPEED TRIAL 』は、冬期のトレイルシーズン中に定期開催する予定です。

第1回  12月28日(日)終了
第2回  1月25日(日)終了
第3回  3月1日(日)受付中
第4回  3月29日(日)中止
※3月29日実施予定の計測会は主催者都合により中止といたします。
 定期計測会としては今回のRound-3で終了となります。春以降のイベント予定については決定次第ご案内いたします。

 

 

最上級カテゴリ『エクストリーム』クラスを新設します

EXTREME
222日(日)開催予定の、S-TRAIL SPEED TRIAL 2015 Round-3では、新たに最上級カテゴリ『エクストリーム』クラスを新設します。

これは、写真や映像だけではセクションの難易度が伝わりにくいという参加者の声に対する答えの一つとしてご用意しました。

よりアグレッシブなライドを求めるエリートライダーは『エクストリーム』を。大きなジャンプは少し苦手という上級ライダーは『エキスパート』を選ぶ事ができて、より幅広いみなさまにご参加いただきやすくいたしました。。

なお、エクストリームクラスへの参加は、DHI 過去にエリートクラス登録実績者および2014年度Jシリーズエキスパートクラスのナショナルランキング上位20位までの記録保持者に限ります。

もちろんビギナークラス、スポーツクラスの皆様も十分楽しめるのがS-TRAILのコースです。ご自身のタイム計測が終了後は、上級ライダーによる『 エクストリーム = ばかヤベェ~ね 』な走りを観戦しちゃいましょう!

注目の Round-3のエントリーは、まもなくご案内開始となります。

Photoアルバムを追加しました (Round-2)

Untitledみなさま、お待たせしました。Round-2の追加写真アルバムの用意ができました。

愛知の佐宗さん、静岡の内藤さん、そしてS-TRAILゴール計測 鈴木さんのお三方に撮影いただいたデータです。ご協力ありがとうございました。

総数は800枚を超えておりますので、お時間のある際にゆっくりとご覧ください。また、一部ピントズレやブレがある写真もございますがご容赦ください。

Flickr Photo Album Vol2 はこちら

Untitledロードギャップ後の急坂も、キッズライダーは攻める攻める

Untitled

道越えで飛ばずに進入しても、速度に乗っていると、バイクが浮いて刺激的です!

Untitled

そして、やっぱり飛ばなきゃS-TRAILを制覇したとは言えないロードギャップ。
飛び出しの速度さえ落とさなきゃ成功率が高いのも、このセクションの特徴です
DHバイクなら、仮にゲシっても致命的な転倒には繋がりません。

Untitled上級ライダーなら、オールマウンテンバイクでもこの通り。

UntitledBMXライダーもオールマウンテンバイクで飛ぶ飛ぶ

UntitledBMXのDJライダーにも「楽しい」と言ってもらえて本当に良かった!

Untitled慣れてくれば、その浮遊感・滞空時間がやみつきになります。

Untitledそして、レースモードになると、低く抑えた飛行姿勢へと変ります。

Untitled優勝した清水一輝選手など、TOPライダーはリップで潰して低く速く飛び出します。

 

Untitledまた、ビギナー・スポーツクラスのコース内にあるミニロードギャップジャンプも、ジャンプする楽しさを比較的気軽に味わえる良セクション。

Untitled
BMX系ライダーなら、このように高く飛んで、らくらくバックサイドへ

 

Untitled
もちろん、飛ばずに穏やかなラインを走る事もできますよ。

Untitled
そして、ビギナー・スポーツクラスもロックセクションを通過

Untitled
その後にある新セクションの「岩落とし」の斜面でぎゅーんと加速すると・・・・

Untitled
 続くジャンプセクションは飛びすぎてしまうほど。
このセクションを速度を維持したまま抑えて飛ぶのは至難の業。

Untitled
でも同時に、ジャンプできる楽しさに溢れた場所でもあるんです。

Untitledそして最後のゴール前、ステップダウンジャンプへ

という訳で、何枚か写真をピックアップしてご紹介しましたが、Photo Albumには参加されたみなさまの写真が沢山ございます。ぜひご覧くださいね。

Flickr Photo Album Vol2 はこちら

 

Round-2 リザルトをUPしました

Untitled

S-TRAIL SPEED TRIAL 2015 Round-2のオフィシャルリザルトです。

オフィシャル写真とフォトレポートはこちら

 

result1

Untitled

キッズクラス 1位 シバタケント選手、2位マツシタジュンイチロウ選手、3位マスダヒロナ選手

 

Untitled

ガールズクラス1位 ナカネアイ選手

 

Untitled

ビギナークラス 1位ホリタユキヒデ選手、2位フクダリョウ選手、3位ヤスモトタクミ選手

 

 

result2

Untitled

スポーツクラス 1位サトウアキヒト選手、2位サイトウアキヒロ選手、3位クリタナオキ選手

 

result3

Untitled

エキスパートクラス 1位清水一輝選手、2位山田貴之選手、3位金子匠選手

 

オフィシャル写真とフォトレポートはこちら
オフィシャル写真は、写真提供にご協力いただいたカメラマンの方がいらっしゃいますので、後日ドーンとご紹介いたしますね。こちらもご期待ください。

改めてのお礼となりますが、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

 

 

 

GOODコンディションで盛り上がったRound-2 フォトレポート

Untitled

2015年1月25日(日)に行われた、S-TRAIL SPEED TRIAL 2015 Round-2も、50名を超える方々のエントリーをいただき、盛況のうちに終了いたしました。参加いただいたみなさま、そしてスタッフ・関係者のみなさま、本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

MC兼、オフィシャルカメラマンのnasyoRが、実況しながら撮影した写真で、今回のイベントを振り返ります。

オフィシャルPHOTO第一弾のダウンロードはこちら

※今後 オフィシャル写真は別アルバムで追加掲載する予定がございます。
Untitled
今回は、ご参加いただくみなさまをお迎えする準備にも力を入れて、休憩や食事ができるベンチを多く設置して、山間の広場で憩いのひとときを過ごせるように工夫させていただきました。

 

Untitled

バイクスタンドの設置もそのひとつ。ずらりと並んだバイクは、ベースエリアが雑然とせずに綺麗な環境を保つ事にもつながったものと思います。

 

 

 

Untitled
もちろん、S-TRAILの特徴は縦の動きのあるコース。午前の試走から、金子匠選手、宇津孝太郎選手の2名はイキイキとジャンプを楽しんでくれていたのが印象的。

 

Untitled

そして、新セクションの一つ「岩落とし」の急斜面での加速も、後半セクションの楽しさをUPする要因にもなりました。

 

Untitled

そして何より大きいのが、1ヶ月にわたり行なったコース内への砂利入れ作業。この作業により、路面の質は格段にUP 木曜日に降った雨で決して完璧な天気運びではなかったにも関わらず、路面のグリップと速度の乗りは良好。何と、エキスパートクラスのほぼ全てのライダーがゴール前のステップダウンを飛ぶほどの好調ぶり。(前回参加のみなさまに聞いても、驚くほどの改善になったとの声をいただきました)

 

Untitled

また、今回はスポーツ・ビギナークラスでも一部ロックセクションを横切るレイアウトを採用。ロックをリップにして飛び越えるも良し。

 

Untitled

安全に岩を避けたラインを選ぶも良し。

 

Untitled

ビギナーで参加いただいたライダーの多くも、ロックセクションを楽しんでくださいました。

 

Untitled

今回唯一の参加となったガールズクラスのライダーも、縦の動きのあるラインを満喫

 

Untitled

ロックセクションでは真価を発揮するDHバイク

 

 

Untitled

でも、ハードテールで果敢にロックセクションを攻めるライダーも多く、とにかく熱い!

 

Untitled

スポーツクラスでは、最速を狙いすましたライン取りも熱い!

 

Untitled

また、エキスパートクラスでは、落差の大きいジャンプからロックセクションに進入します。ここを飛べるだけれでも尊敬に値するチャレンジングなセクションです。

 

Untitled

ジャンプ着地後はバイクのサスペンション能力をフルに使います。

 

Untitled

このロックセクションではDHバイクが欲しいと思ったライダーも多いはず。

 

Untitled

ライダーによって選ぶ岩のラインもそれぞれ。福岡から参戦の浜地選手も、ロックセクション途中から左へ曲がるという超難易度の高いセクションを果敢に楽しんでいました。

 

Untitled

真新しいNSバイクのDHフレームのイッチー選手。このロックセクションでは最新のバイク・サスペンションの有り難みも身にしみますね。

 

Untitled

抜重しての進入も、ラインを失敗すると転倒のリスクが潜んでいます。油断は禁物。

 

Untitled

コース紹介デモ映像でも登場した、エリートクラス 決勝常連ライダーのYこと山田貴之。このロックセクションを一番知る男の一人です。

 

Untitled

金子匠選手も長い手足を使いロックセクションでの失速を最小限におさえていました。

 

Untitled

しかし何よりも注目すべきは、清水一輝選手。ロックセクションの通過スピードは群を抜く速さで、観客を沸かせてくれました。

 

Untitled

午前の計測「タイムドセッション」後は昼食。

お昼は暖かくて美味しいWoody Cloudさんのケータリング。今回はカレーとハヤシライスがメインの二本立て。暖かくて美味しい食事があるだけで、トレイルの満足度は120%UP

 

Untitled

そして、お昼の試走タイム

今回のRound-2のもう一つの新セクションがトランスファージャンプ

Untitled

斜めのリップから飛び出し、空中で姿勢を変えて

Untitled
バックサイドへと着地します。金子匠選手によるお手本のようなライド

 

Untitled

清水一輝選手のジャンプも歓声が出るスムーズさ

 

Untitled

林選手もトランスファージャンプを攻めて走ったライダーの一人

Untitled

 

そして13時過ぎからはキッズクラスのファイナル計測のスタート

Untitledキッズのライダーたちも、目線の先はコースにあり、真剣そのもの。

Untitled
キッズ優勝のシバタケント君。小さいホイール径ながらもフィジカルとテクニックで優勝をもぎ取りました。

 

 

Untitled

その後もビギナークラスのレースが進み

Untitled

前回参加ライダーのみなさまも、新しいレイアウトとリズムのコースを楽しんでくださいました。

 

Untitled

そして、一つ上のスポーツクラスでは、少しスペックの高いバイクでS-TRAILのコースを攻める攻める

 

Untitled

さながらJシリーズのような緊張感を感じるようなレーシングバイク/ウェアもS-TRAILなら似合うんです。

Untitled

前回ビギナークラス優勝の根津選手。この後のロックセクションもXCバイクとは思えない攻めたライン取りを試みていました。

Untitled

スポーツ優勝ライダーは、やはりバイクの寝かし方が違う。流石のテクニックで優勝をゲットです。

Untitled

そして、最後はエキスパートクラスのファイナル計測。ロックセクションを攻める攻める
Untitled

ロックセクション ファイナルでの宇津選手

Untitled

FOCUSの275AMバイクでロックセクションを攻める兼岡選手

 

Untitled

ファイナルでの清水一輝選手。最終結果は唯一39秒台を叩き出した清水一輝選手がRound-2を制しました。

以下が各クラスでの表彰者となります。オフィシャルリザルトの掲載は、いましばらくお待ちください。

Untitled

キッズクラス 1位 シバタケント選手、2位マツシタジュンイチロウ選手、3位マスダヒロナ選手

 

Untitled

ガールズクラス1位 ナカネアイ選手

 

Untitled

ビギナークラス 1位ホリタユキヒデ選手、2位フクダリョウ選手、3位ヤスモトタクミ選手

 

 

Untitled

スポーツクラス 1位サトウアキヒト選手、2位サイトウアキヒロ選手、3位クリタナオキ選手

Untitled

エキスパートクラス 1位清水一輝選手、2位山田貴之選手、3位金子匠選手

 

Untitled

以上で、S−TRAILフォトレポートを終了いたします。

その他のオフィシャルPHOTO第一弾はこちら

次回 Round-3の開催は2月22日(日)の予定。みなさん、スケジュールは空けておいてくださいね☆

1/25 Round-2 最終案内と当日のスケジュール

annnai

いよいよ明後日、1月25日に迫った S-TRAIL SPEED TRIAL Round-2
エントリーは本日1月23日(金)よる20時までとなります。

■エントリーフォームはこちら
https://lovespo.sakura.ne.jp/mail/s-trail-st/

さて、今回のRound-2では、エキスパートクラスの表彰者にS-TRAILから賞金をご用意しています。
アグレッシブなコースでの、国内トップクラスのライダーによる攻めた走りが楽しみですね。
もちろん、その他のクラスでも入賞者にはささやかな賞品をご用意しておりますので、みなさま入賞目指して頑張ってください。

なお、今回のRound-2からは、午前にタイムドセッションとして1回、午後に本戦として1回、計2回のタイム計測を行います。午前中の試走でコースを頭に入れ、タイムドセッションで手応えを確認、そして午後の本戦に集中できるようにタイムスケジュールを編成いたしました。

ぜひ、S-TRAILのレースDAYをお楽しみください!

■タイムスケジュール

700 受付開始・搬送開始 駐車場集合・受付 (新東名高速道路 新清水ICから約2分)
7:00 – 8:30 トレイルへ搬送
800 – 900 コースウォーク

■試走タイム
900 – 925  キッズ・ビギナー・ガール・スポーツ試走
930 – 955  エキパ試走
1000 – 1025 キッズ・ビギナー・ガール・スポーツ試走
1030-  1055 エキパ試走

■タイムドセッション(計測1回目)
11:05:00 ビギナー・ガール・スポーツ
11:35:00 エキスパート
11:56:00 終了予定

昼休憩(ケータリング有り:ご自由にお食事を

■試走タイム
12:45-1300 ビギナー・ガール・スポーツ試走 1本のみ
1305-1320 エキパ試走 1本のみ

■ファイナルセッション(本戦計測)
13:30:00 – 13:43:00  キッズ(前走者がゴールしたらスタート)
14:00:00 – 14:24:00  ビギナー・ガール・スポーツ
14:30:00 – 14:52:00  エキスパート
15:10 表彰式
15:30 解散 (自走で駐車場までお戻りください)

以上となります。

■駐車場→トレイルへの搬送について
S-TRAILはトレイルまで険しいオフロードが続くため、マイカーでのお乗り入れは出来ません。駐車場から搬送トラックにてピストン輸送しますので、バイク・ヘルメット・プロテクター、飲物、折り畳み椅子などをお持ちのうえで準備をお願いします。※駐車場にはトイレはありません。近隣のコンビニにお立ち寄りください。

また会場では、別途有料のケータリングサービスで温かいお食事のご用意いたします。500円〜1000円程度の小銭をご用意ください。

また、その他の注意点については、以下をご覧ください。

ご一読ください

それでは皆様のご来場をお待ちしております!

『バイシクル クラブ 3月号』掲載を記念して、エントリーを 1月23日まで延長します

bike

先ごろ発売されたバイシクルクラブ3月号『ロングターム・レポート』のコーナーにて、カラー見開き2Pに渡ってS-TRAIL 初のタイム計測回 “SPEED TRIAL Round-1”のレポートが掲載されています。また、『シェア・ザ・トレイル』ページでも、地元と密着してトレイル活動をしている団体の一つとしてご紹介いただきました。バイシクルクラブさま、ありがとうございます!

また『シェア・ザ・トレイル』のページでは、昨年末に話題となった東京都による「自然公園利用ルール(案)」とそれに対するパブリックコメントに関する内容などが掲載されており、マウンテンバイカーとしても非常に興味深い記事となっております。みなさまも是非、書店でお買い求めください。

そして、バイシクルクラブ記事を読んでS-TRAILにご興味を持っていただいた方もいらっしゃるかと思いますので、計測会Round-2のエントリーを2次締切として1月23日(金)20時まで延長させていただきます。

週末の予定が決まらず、参加を迷っていた方も、ぜひこの機会にエントリーをご検討ください。

■エントリーフォームはこちら
https://lovespo.sakura.ne.jp/mail/s-trail-st/

■SPEED TRIAL Round-2 開催概要はこちら
http://s-trail.lovespo.com/report/?p=208

・・・・・・・・・・・・・・

さて、本日は、SPEED TRIAL Round-1の様子をもう一度振り返るべく、フォトレポートを掲載いたします。

☆オフィシャルフォトの追加として、下記Flickrにもいくつか写真を掲載しておりますので、ご自由にダウンロードしてお使いくださいね。
https://www.flickr.com/photos/nasyor/sets/72157649995283350/

8「S-TRAILは一度行ってみたいんだけど、コースが難しそう・・・」なんてお考えの方、ご心配はいりませんよ。

16133919171_98b44ec6e6_k   ビギナー・ガールズ・キッズクラス、そしてスポーツクラスの方に向けては、無理せず走れる安心ラインをご用意しています。

7
小学生を対象としたキッズクラスでも、スタートからゴールまで大人と同じコースを使用している事からも、その安心さを分かっていただけると思います。

とは言え、そこは計測会という名のレース。

ビギナークラスもスポーツクラスも、みなさん走りは真剣そのもの。

16135798505_e05fbc38a6_k
S-TRAIL名物のロードギャップジャンプも、初めて目にすると「とても飛べる気がしない・・・」と尻込みしてしまうのですが、DHレース経験が豊富な方でしたら、進入速度を見極めてトライすれば意外なほど気持ちよくクリアできてしまいます。そして、一度飛んでしまえば、その浮遊感とその後のバームの気持ちよさからS-TRAILの虜になってしまうかも?

4
ここで、ロードギャップジャンプの攻略ポイントをご紹介。スタート直後の右コーナーをクリアした直後は、少し重めのギアで2~3漕ぎペダリングを入れましょう。リップの手前で少しだけバイクにプッシュを入れたら、抜重して飛び出すだけ。水平に飛び出すリップなので、速度が十分にあれば無理にバイクを引き上げずに着地面のバックサイドまで届くでしょう。仮にゲシってしまっても、DHバイクであればリアサスペンションの働きで、転倒するリスクも少ないと思います。逆にHTバイクの方の初トライはオススメいたしません。特にエキスパートクラスにエントリーされるライダーは参考にしてみてください。

1
もちろん、ジャンプと着地に自信の無い方は無理せずに脇のライン通過をオススメします。

2
飛ばなくても、バックサイドの加速と大きなバームの爽快感は変わらず楽しんでいただけます。

3
そしてHTバイクでも軽快に走りを楽しめますよ!

5
スタート地点までの合流ポイントでもある為、歓声も湧くのがロードギャップポイント

15949755939_4020ca33c5_k
また、こちらもS-TRAIL名物となるロックセクション。大きな岩を飛び越えて進入するという難易度の高いセクションですが、こちらも安心して進入できる攻略ラインがあります。

DSC_1040
それは、ロックセクションに進入方向に向かって右にあるコンクリート岩の上を通るライン。ここであれば岩にバイクを引っ掛けることなく、自然と抜重して進入する事ができます。無理をして真ん中や左側のラインを攻めるよりも、安定して走れる右のラインを試してみるのも戦略のひとつかも知れませんね。

12
もちろん、このロックセクションもビギナーやスポーツクラスでは脇にある穏やかなラインを走っていただきます。Round-2ではこの区間のライン取りを変更して、前回計測会よりも気持ちよく走れるようにレイアウトしていますので、ご期待くださいね。

15948667760_b606c27bb0_k
また、前回スポーツクラスにご参加いただいた方には、コースの変化を楽しんでいただくため、最終セクションでがビギナー用のラインを走っていただくように準備しております。なんだ? コース簡単になっちゃうの? とお思いの方、いえいえ、実はビギナー用の最終セクションはスピードに乗ったまま進入するオフキャンバーコーナーがあったりと、非常に走りがいのあるコースなのです。Round-2ではこちらのラインで、みなさまの攻めた走りに期待しております。

6
XC系ライダーも自走でぐるぐると走り、登りも下りも楽しめます。

16110025636_e760cfe585_k
以上のように、上級者から中級・初級、そして小学生までもが楽しめるのがS-TRAIL SPEED TRIALのコースです。

11
この週末、ご予定が開いていたら、1月25日(日)開催のRound-2へと遊びに来ませんか?

IMGP0916新東名 新清水ICから集合場所となる駐車場まで約2分。温かいケータリングもご用意して、みなさまの参加をお待ちしております!

エントリー受付 2次締切は 123日(金)よる20時まで
■エントリーフォームはこちら
https://lovespo.sakura.ne.jp/mail/s-trail-st/

■SPEED TRIAL Round-2 開催概要はこちら
http://s-trail.lovespo.com/report/?p=208

 

5つのカイゼンで、皆様をお迎えします

5つのカイゼン

第1回目のSPEED TRIALでは、多くのみなさまにご参加いただきましたが、一方で初開催ならではの課題もいくつか分かりました。

参加者のみなさまに頂いたアンケートや声をもとに、年明けからトレイルで作業を進め、5つのカイゼンを行いました。

 

1、コース上に砂を入れて路面を改善

1798643_765665390178275_4619851504211448406_n

年末に日本列島に吹き込んだ寒気により、計測会当日は霜柱が多く発生し、固く締まったはずの路面は、多くのライダーの走行で一部ヌルヌルになりました。コースは面白いのに、路面コンディションが・・・、ドライで走りたい・・・、といった声を多くいただきました。

そこで、コース全域にわたって砂・砂利を敷き詰める路面改質作業を行いました。
作業は、ネコに積んだ砂利を何往復も、何往復も、何往復も、、、それこそ肉体を酷使する重労働となりましたが、S-TRAIL会員のみなさまのご協力により作業を完了。タイヤに着く泥の量も大幅に少なくなり、路面のグリップも大幅に向上しています。

10550899_765665373511610_392927774582912735_n
ドライな路面でS-TRAILを走りたい!と思われた前回参加のみなさま、1月末の天気予報では霜柱も立たず、良いコンディションで走れると予想されますので、ぜひリベンジ参加をお考えください!

 

2、食事用のベンチ・テーブル数を増強

10917468_769137803164367_6501753668771719711_n
食事のケータリングを提供するスペース脇に、ベンチと食事専用テーブルを用意いたしました。
パン&スープのお食事では食べにくかったという声もいただきましたので、月末のROUND-2ではゆっくりとお食事や休憩ができるように整えさせていただきました。

10930152_769137839831030_5978126844306225095_n
また、少し奥のスペースにも、ベンチと焚き火ストープエリアを追加しましたので、気兼ねなく火に当たって暖をとっていただけます。

(一方で、静岡は駿河湾からの暖流が入り込みますので、強い寒気が入らなければ日中はずいぶん暖かくなっております)

3、休憩エリアの荷物置き場を使いやすく

553320_769137863164361_8847537689636671391_n

Round-1の時には、広大にブルーシートを広げておりましたが、結果的に使いにくいという声をいただきましたので、約2m幅のシートをカット。荷物を置きやすく、腰掛けやすくなるよう、スペースを準備いたします。

4、バイクスタンドも設置

10929013_769137893164358_2176786392063703751_n

参加者のみなさまが、バイクを置く場所に悩まれておりましたので、単管で組んだ8m幅のバイクスタンドを新たに設置。ぜひご活用ください。

 

5、駐車場に洗車場も用意

そして最後は、洗車場の準備。ご自宅にバイクを入れる際に、泥が付いたままでは困るという声にお応えして、駐車場エリアの右奥に洗車スペースを用意いたしました。写真は無いのですが、ホース3本で水が出るようになっておりますので、順番にお使いください。

 

以上のように、出来ることを一つ一つ、トレイルや環境をカイゼンしてみなさまをお迎えする準備をしております。Round-1に参加されたみなさまも、ぜひリニューアルしたS-TRAILでのレースに参加しませんか? ホスピタリティも整えて、みなさまのご来場をお待ちしております。

■□ SPEED TRIAL Rounde-2 エントリーはこちら □■

 

 

 

 

 

第2戦 SPEED TRIAL Round-2 エントリー開始

sst-2id

「走りごたえのあるコースで楽しい」と好評をいただいたS-TRAIL SPEED TRIAL第1戦に続き、1月25日(日)に実施する第2戦のエントリー受付を開始いたします。

今回はエキスパートクラスなどに新設のセクションを組み込む予定で、ますます攻め甲斐のあるレイアウトになりますよ。また、霜柱の影響で重くなる路面対策として、土質改善のトレイルメンテを行っておりますので、天候によってはドライな路面でのライドをお楽しみいただけるかと思います。加えて、キッズ・ビギナークラスとエキスパートクラスの試走時間を分ける運用としますので、みなさまが安心して試走に集中できるように配慮いたします。

※第1回目の開催内容を検証した結果、光電管計測システムの使用料や、駐車場からトレイルまでの車両搬送費用等の負担が大きく、運営上値上げせざるを得ないと判断いたしました。よって本戦より参加費を4,000円とさせていただきます。何卒ご理解とご協力をお願い致します。

ぜひこの機会にS-TRAILのダウンヒルコースでの真剣ライドをお楽しみください!

■『S-TRAIL SPEED TRIAL ~スピード トライアル~ ROUND-2』 募集要項
S-TRAIL内の特設ショートコースを使用したタイム計測会

・日時:1月25日(日)雨天時は翌週順延 (路面状況を元に前日に判断いたします)
・場所:静岡県静岡市清水区宍原 S-TRAIL(新東名高速道路 新清水ICから約2分)地図はこちら
・定員:先着80名
・参加クラス: ビギナー・ガールズ・キッズ(小学生)  / スポーツ  / エキスパート
参加費:4,000円(観戦無料・キッズクラス参加無料)
・支払い方法:当日受付時に現金でお支払いください。
※参加費は、トレイル用地使用料・維持管理費、計測機器使用費などに充てられます。
・スタート搬送:ゆるやかな林道の自走・押上となります。(約5分〜10分程度)
・主催:S-TRAIL

■コース難易度とクラス分けについて
主に中級〜上級ライダーが走りごたえのあるジャンプやロックセクションを用意しています。一方でレースに初めて参加する初級〜中級の方でも無理なく走れる迂回コースを設定いたします。MTB初心者の方には少々難易度が高くなっていますので、ご注意ください。

エキスパートクラスでの推奨バイクはフルスペックDHバイク。ジャンプやロックセクションを選択しないスポーツ・ビギナークラスではハードテイル〜オールマウンテンバイクがオススメです。

■駐車場→トレイルへの搬送について
S-TRAILはトレイルまで険しいオフロードが続くため、マイカーでのお乗り入れは出来ません。駐車場から搬送トラックにてピストン輸送しますので、バイク・ヘルメット・プロテクター、飲物、折り畳み椅子などをお持ちのうえで準備をお願いします。※駐車場にはトイレはありません。近隣のコンビニにお立ち寄りください。

また会場では、別途有料のケータリングサービスで温かいお食事のご用意いたします。500円〜1000円程度の小銭をご用意ください。

■タイムスケジュール

700 受付開始・搬送開始 駐車場集合・受付 (新東名高速道路 新清水ICから約2分)
7:00 – 8:30 トレイルへ搬送
800 – 900 コースウォーク

■試走タイム
900 – 925  キッズ・ビギナー・ガール・スポーツ試走
930 – 955  エキパ試走
1000 – 1025 キッズ・ビギナー・ガール・スポーツ試走
1030-  1055 エキパ試走

■タイムドセッション(計測1回目)
11:05:00 ビギナー・ガール・スポーツ
11:35:00 エキスパート
11:56:00 終了予定

昼休憩(ケータリング有り:ご自由にお食事を)

■試走タイム
12:45-1300 ビギナー・ガール・スポーツ試走 1本のみ
1305-1320 エキパ試走 1本のみ

■ファイナルセッション(本戦計測)
13:30:00 – 13:43:00  キッズ(前走者がゴールしたらスタート)
14:00:00 – 14:24:00  ビギナー・ガール・スポーツ
14:30:00 – 14:52:00  エキスパート
15:10 表彰式
15:30 解散 (自走で駐車場までお戻りください)

以上となります。

※タイムスケジュールは予告なく変更となる場合があります。

■注意事項
・ヘルメット・グローブを必ずご用意ください。ジャンプ・ロックセクションにトライする上級ライダーにはプロテクターやネックブレースの着用も推奨いたします。
・トレイルでの怪我は自己責任となります。無理の無いライドを心掛けてください。
・また計測会では保険の手配は行いません。各自の判断でスポーツ障害保険などにお申込みください。
・トレイル内は森林のため喫煙厳禁です。定められた喫煙場所をお使いください。

お申込みはWebから簡単エントリー♪
https://lovespo.sakura.ne.jp/mail/s-trail-st/

■集合場所・駐車場地図 (すぐ近くにコンビニ・ローソンがあります)

※駐車場までの道路は、周辺地域の生活道路となります。運転速度にはご注意ください。

なお、この『 S-TRAIL SPEED TRIAL 』は、冬期のトレイルシーズン中に定期開催する予定です。

第1回  12月28日(日)満員御礼
第2回  1月25日(日)エントリー受付中
第3回  2月22日(日)予定
第4回  3月29日(日)中止

そして、タイム計測会の集大成として4月上旬〜中旬に草レースの開催を検討しています。
この冬は雪の降らないS-TRAILでMTBを楽しみましょう!