月別アーカイブ: 2017年4月

SPEED TRIAL 2017のPhotoレポート


2017年4月16日(日)静岡県静岡市にあるMTB専用フィールド 『S-TRAIL』では、タイムトライアル形式のショートダウンヒルレースが行われました。エントリー総数は80名弱。応援・観客も含めると100名を超える来場者が集まりました。


最高峰のエクストリームクラスでは、井本はじめ選手(sram/santacruz)が53秒565のタイムで優勝。2016年のS-TRAILレース優勝に続く連覇です!


S-TRAILのアイコンとも呼べるロードギャップ ジャンプを飛ぶ 井本はじめ選手


井本選手は冬期のオフシーズン5ヶ月間に渡りオーストラリアでトレーニングを重ね、その後ニュージーランドに渡り、2017クランクワークス ロトルア大会のDHにも出場。S-TRAILのショートコースでも並み居る強豪をコンマ差で押さえて、予選・決勝共に1位の結果となった。


井手川直樹選手(AKI FACTORY/STRIDER)は予選5位からタイムを縮め、+0.152のタイム差で2位となった。


九島勇気選手(玄武/MONDRAKER)は、ニュージーランドでのレース時に手を負傷していたとの事だが、怪我の回復からS-TRAILのレースにエントリー。見事3位につけた。


1位の井本選手には優勝賞金7万円を授与。おめでとうございます。


先日、ニコンの新型カメラカタログのメインビジュアル(撮影ロケ地はS-TRAIL)としても登場している、永田隼也選手(AKI FACTORY/OAKLEY)は予選3位と好調さをみせたが、決勝ではタイムを落とし6位のリザルトとなった。


若手有力株の1人、宇津孝太郎選手(&Stream…小川輪業)は、関西で行われたレースMMCにおいて優勝。S-TRAILでも入賞を期待されたが最終リザルトは7位。


今期よりジオライドジャパンのスポンサードで走る藤村飛丸選手(commencal/Blanky dog)はS-TRAILのフィールドに初来場。強豪がひしめくエクストリームクラスで9位のリザルトを刻んだ。


古くからのS-TRAIL会員ライダーでもある金子匠(&Stream…小川輪業)は、ジャンプ中も大きなアクションで観客を魅せてくれた。

 


実質的にCJ DHIのエリート決勝常連ライダーで固められたエクストリーム クラスに次ぐ、エキスパートクラスでは、若手ライダーの石井日高(TEAM MARSH)が初優勝。2位は山本ファビアーノ選手、3位は今期より静岡在住となる村上慈郎選手(Breezbike&Outdoor)。


56秒台というエクストリーム クラスにも食い込むタイムを叩き出した日高選手。今シーズンの活躍にも期待です。


昨年に続き2位となった山本ファビアーノ選手(Brotherhood) 。速さとスタイルが両立するライダーの1人です。


村上選手は、前日夜に行った前夜祭で深夜までナイトライドを楽しんだのに3位入賞。

 


そして、スポーツクラスで優勝を飾ったのは、吉田和正選手。長田光伯選手は+0.298及ばず2位。3位には浅野生崇選手(TWOCYCLE)。


入念なコースチェック・コースウォークをする吉田和正選手。


吉田和正選手、優勝おめでとうございます。

 


そして、ALL 静岡ライダーでの戦いとなったレディースクラスを征したのは


ウィスラーに続いて単身ニュージーランドでMTBライドを楽しんできた 神谷鮎美選手。走り込みの成果もあってかダントツのタイムで優勝を飾った。


続く2位となったのは、渡邉美里選手(minzuu)。富士市にあるショップ minzuuさんに通う女子大生ライダーだが、なんとSCOTTのDHバイク ギャンブラーを購入した強者。運動神経も高く、今後の急成長が期待できるガールズライダーです。


さらに、今回はキッズのエキシビジョンレースも開催


優勝は御前崎の小6ライダー 松井汰月選手。スポーツクラスにもダブルエントリーしており、こちらは大人顔負けの走りで11位にランク。24インチのハードテールバイクでこの走り!素晴らしい。


2位には、伊藤然選手。こちらもスポーツクラスでアグレッシブな走りをみせてくれました。


10歳の小学生はもちろん、50代の大人も楽しめるのがS-TRAILのレース。今回は年代別表彰も行いましたが、みなさん速い、速い。来年は60代のクラスも必要になっちゃいますね!


今年のS-TRAILのレースは、とにかく天候に恵まれました。路面コンディションは完全ドライで、走りやすく、おおきな怪我をされる方がいなかったのも嬉しかったです。


ドライだからこそ、速度もうまく乗って、ジャンプの余裕も出てきますし

なによりバイクもウェアも汚れないのが素敵。写真映えもばっちり(笑


今回はS-TRAILに初来場されたという方も多くいらっしゃいましたが、良コンディションで楽しんでいただけたものと思います。


DHレースでは1/100秒の世界の争いが常識。S-TRAILでは正確な光電管計測システムに加えて、今年よりデータベース連動したリアルタイム集計システムを構築。リアルタイムでの暫定順位や、リザルトの即時印刷にも対応できるようになりました。

一方で、物理的な原因による計測不良が3回発生し、一部のライダーには再走をお願いするなど、大変ご迷惑をお掛けしました。こちらの信頼性も高め、さらに充実したレース展開ができるように、今後もバージョンアップを進めてまいります。

 


初開催のフリーマーケットも無事に終了。来年は出品者も増えて盛り上がるでしょうか?


そして、ご協賛いただきましたメーカー、出展社のみなさまにも、改めてお礼申し上げます。


という訳で、ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

ぜひ来年も一緒に楽しみましょう!!

■■レース写真を無条件に公開いただいています。ぜひこちらもご覧ください■■

S-TRAIL代表 渕野のFlickr アルバム

EbiのMTB写真館 (Facebookページ)

日曜は良コンディションでの開催が期待できます


Rider: Hajime imoto photo: katsuya nakamura

 

日曜に迫ったS-TRAILのショートDHレース! エントリーいただいたみなさま、準備は万端ですか?

天気予報が少々心配でしたが、今のところ雨の心配も無さそうで、良コンディションでの開催が期待できます。

グリーンシーズン前のDHイベント、私達も楽しみです!


さて、先日のブログに続き、入賞者への賞品もご紹介。AKI FACTORY TEAMを擁するAKI Corporationさまからは、birzmanのフロアポンプやKENDAのタイヤも届いております。

さらに、渕野工業さまからは、プレミアムな芋焼酎 『魔王』もご用意いただいています!

今年は年齢クラス別の表彰も予定しておりますので、賞品ゲットのチャンスは高くなっておりますよ。みなさま、怪我の無いようにハッスルしちゃってくださいませ♪

 

*** 参加者のみなさまへご連絡 ****

レースの受付はローソン宍原店近くにある大駐車場となっております。

トレイルベースへ車両乗り入れ申請されている方も、一度駐車場で受付けをお済ませください。(車両乗り入れ許可証をお配りします)

また、レーススケジュールを変更し、予選1回、決勝1回の計2回計測とさせていただきます。ご承知おきください。

******************

エントリーリスト (4月14日現在)

4月16日(日)開催の S-TRAIL SPEED TRIAL 2017エントリーリストを公開いたします。

みなさま、エントリー漏れが無いかご確認をお願いします。
※4月12日(水)エントリー締切

*** 参加者のみなさまへご連絡 ****

レースの受付はローソン宍原店近くにある大駐車場となっております。

トレイルベースへ車両乗り入れ申請されている方も、一度駐車場で受付けをお済ませください。(車両乗り入れ許可証をお配りします)

また、レーススケジュールを変更し、予選1回、決勝1回の計2回計測とさせていただきます。ご承知おきください。

******************

【エントリーリストはこちら】

■エクストリームクラス
加藤 将来/AKI FACTORY/ACCEL
金子 匠/&Stream…小川輪業
幸田 玲音/玄武
井出川 直樹/AKI FACTORY/STRIDER
永田 隼也/AKIFACTORY/OAKLEY
藤村 飛丸/COMMENCAL/BlankyDog
山川 瑠偉
井岡 佑介/重力技研/GLcomponents
太田 匠/S-TRAIL
藤田 翔也/NARO/RR/SPECIALIZED
泉野 龍雅/AKIFACTORY/自転車道
九島 賛汰/玄武
九島 勇気/玄武/MONDRAKER
九島 凜/玄武
宇津 孝太郎/&Stream…小川輪業
井本はじめ/sram/santacruz

■エキスパートクラス
ムラカミ ジロウ
サイトウ アキヒロ
イシイ ヒダカ
カミタイラ ジュンイチ
ポール ギルズナン
スミヤ デイヴィト
スギヤマ コウイチ
ヤマモト ファビアノ
ヒガシ ミチハル
キタイ ヤスナリ
サカモト グスタボ
イワワキ ケンタ
ヤマダ ジュンイチ
ヤマモト ブルノ
アチワ マサユキ
イチハラ カズヒロ
アサダ コウセイ

■スポーツクラス
ハヤシ ユカコ
ヤマサキ カツロウ
オサダ ミツノリ
タカハシ ゲンイチ
スギブチ ユウイチ
ヨシムラ マサル
カナ シグフレド
クボ キヒロ
フクダ ノブヒコ
アダチ ナオト
マツイ タツキ
フルコオリ キヨシ
イシダ ケイ
ヨシノ ミツル
コンドウ サトシ
クノ マサヨシ
イトウ ヨシヒロ
イトウ ゼン
イノウエ サトシ
カワバタ コウジ
オオハタ ナオト
クマ ゴロー
ニシマキ ヒロミ
カネガエ リョウタ
マミヤ ヨシタカ
シジョウ ヤストシ
ヨシダ マサヒロ
カメイ ヒロアキ
アサノ イクタカ
オカモト タケマサ
ヨシダ カズマサ

■レディースクラス
フカザワ メグミ
カミヤ アユミ
ワタナベ ミサト
オカダ ナゴミ

■キッズクラス(エキシビジョン)
ルーク ギルズナン
ジェイソン ギルズナン
マツイ タツキ
アサダ ナオキ
マツシタ ジュンイチロウ

以上となっております。

●開催概要はこちら

http://s-trail.lovespo.com/report/?p=807

 

Cover photo : Katsuya nakamura

レース開催まで1週間! 出展ブランドをご紹介します

みなさま、4月16日(日)開催のスピードトライアル、エントリーはお済みですか?

さて、本日は会場を盛り上げていただける、出展ブランドさまをご紹介します。


まずは、SCOTT JAPANさま

S-TRAILの活動趣旨にご賛同いただき、ご出展のお申出をいただきました。ありがとうございます!


(写真はイメージです)

最新の27.5+のミッドファットタイヤを備えたAMバイクなど、SCOTT JAPANの最新スペックの試乗車もご用意される予定との事。レースに使用しないトレイルでのご試乗もいただけますよ。とっても楽しみですね!


そして、国内最強のグラビティーレーシングチームであるAKI FACTORY TEAMの全ライダーも、konaの最新バイクをひっさげてご出展いただけます。

konaのバイク選びに迷ったら、AKI FACTORY TEAMのブースにお気軽に立ち寄ってみましょう!

 

さらに、2017より話題のブランド EVILの国内展開を開始したyurisさん。EVILの試乗車を持ってご出展いただく予定です。気になっていた方は、レースの合間にチェックですよ〜!

 

さらにさらに、S-TRAILをはじめ全国のトレイル活動をバックアップしてくれているインターテック様からは、BELLやMAXXISブランドのご協賛品を頂戴しております。

また、国内でCOMMENCALを展開するジオライドジャパンさまからも、パーツ類のご協賛品を頂いております。

今年からCOMMENCALを駆るライダー 藤村 飛丸選手もエントリーしてくれていますので、トップカテゴリーの激しい闘いにも注目です!

 

という訳で、レース開催に向けて盛り上がりも最高潮に達してきました! 会場でみなさまにお会いできる事が楽しみです〜