『バイシクル クラブ 3月号』掲載を記念して、エントリーを 1月23日まで延長します

bike

先ごろ発売されたバイシクルクラブ3月号『ロングターム・レポート』のコーナーにて、カラー見開き2Pに渡ってS-TRAIL 初のタイム計測回 “SPEED TRIAL Round-1”のレポートが掲載されています。また、『シェア・ザ・トレイル』ページでも、地元と密着してトレイル活動をしている団体の一つとしてご紹介いただきました。バイシクルクラブさま、ありがとうございます!

また『シェア・ザ・トレイル』のページでは、昨年末に話題となった東京都による「自然公園利用ルール(案)」とそれに対するパブリックコメントに関する内容などが掲載されており、マウンテンバイカーとしても非常に興味深い記事となっております。みなさまも是非、書店でお買い求めください。

そして、バイシクルクラブ記事を読んでS-TRAILにご興味を持っていただいた方もいらっしゃるかと思いますので、計測会Round-2のエントリーを2次締切として1月23日(金)20時まで延長させていただきます。

週末の予定が決まらず、参加を迷っていた方も、ぜひこの機会にエントリーをご検討ください。

■エントリーフォームはこちら
https://lovespo.sakura.ne.jp/mail/s-trail-st/

■SPEED TRIAL Round-2 開催概要はこちら
http://s-trail.lovespo.com/report/?p=208

・・・・・・・・・・・・・・

さて、本日は、SPEED TRIAL Round-1の様子をもう一度振り返るべく、フォトレポートを掲載いたします。

☆オフィシャルフォトの追加として、下記Flickrにもいくつか写真を掲載しておりますので、ご自由にダウンロードしてお使いくださいね。
https://www.flickr.com/photos/nasyor/sets/72157649995283350/

8「S-TRAILは一度行ってみたいんだけど、コースが難しそう・・・」なんてお考えの方、ご心配はいりませんよ。

16133919171_98b44ec6e6_k   ビギナー・ガールズ・キッズクラス、そしてスポーツクラスの方に向けては、無理せず走れる安心ラインをご用意しています。

7
小学生を対象としたキッズクラスでも、スタートからゴールまで大人と同じコースを使用している事からも、その安心さを分かっていただけると思います。

とは言え、そこは計測会という名のレース。

ビギナークラスもスポーツクラスも、みなさん走りは真剣そのもの。

16135798505_e05fbc38a6_k
S-TRAIL名物のロードギャップジャンプも、初めて目にすると「とても飛べる気がしない・・・」と尻込みしてしまうのですが、DHレース経験が豊富な方でしたら、進入速度を見極めてトライすれば意外なほど気持ちよくクリアできてしまいます。そして、一度飛んでしまえば、その浮遊感とその後のバームの気持ちよさからS-TRAILの虜になってしまうかも?

4
ここで、ロードギャップジャンプの攻略ポイントをご紹介。スタート直後の右コーナーをクリアした直後は、少し重めのギアで2~3漕ぎペダリングを入れましょう。リップの手前で少しだけバイクにプッシュを入れたら、抜重して飛び出すだけ。水平に飛び出すリップなので、速度が十分にあれば無理にバイクを引き上げずに着地面のバックサイドまで届くでしょう。仮にゲシってしまっても、DHバイクであればリアサスペンションの働きで、転倒するリスクも少ないと思います。逆にHTバイクの方の初トライはオススメいたしません。特にエキスパートクラスにエントリーされるライダーは参考にしてみてください。

1
もちろん、ジャンプと着地に自信の無い方は無理せずに脇のライン通過をオススメします。

2
飛ばなくても、バックサイドの加速と大きなバームの爽快感は変わらず楽しんでいただけます。

3
そしてHTバイクでも軽快に走りを楽しめますよ!

5
スタート地点までの合流ポイントでもある為、歓声も湧くのがロードギャップポイント

15949755939_4020ca33c5_k
また、こちらもS-TRAIL名物となるロックセクション。大きな岩を飛び越えて進入するという難易度の高いセクションですが、こちらも安心して進入できる攻略ラインがあります。

DSC_1040
それは、ロックセクションに進入方向に向かって右にあるコンクリート岩の上を通るライン。ここであれば岩にバイクを引っ掛けることなく、自然と抜重して進入する事ができます。無理をして真ん中や左側のラインを攻めるよりも、安定して走れる右のラインを試してみるのも戦略のひとつかも知れませんね。

12
もちろん、このロックセクションもビギナーやスポーツクラスでは脇にある穏やかなラインを走っていただきます。Round-2ではこの区間のライン取りを変更して、前回計測会よりも気持ちよく走れるようにレイアウトしていますので、ご期待くださいね。

15948667760_b606c27bb0_k
また、前回スポーツクラスにご参加いただいた方には、コースの変化を楽しんでいただくため、最終セクションでがビギナー用のラインを走っていただくように準備しております。なんだ? コース簡単になっちゃうの? とお思いの方、いえいえ、実はビギナー用の最終セクションはスピードに乗ったまま進入するオフキャンバーコーナーがあったりと、非常に走りがいのあるコースなのです。Round-2ではこちらのラインで、みなさまの攻めた走りに期待しております。

6
XC系ライダーも自走でぐるぐると走り、登りも下りも楽しめます。

16110025636_e760cfe585_k
以上のように、上級者から中級・初級、そして小学生までもが楽しめるのがS-TRAIL SPEED TRIALのコースです。

11
この週末、ご予定が開いていたら、1月25日(日)開催のRound-2へと遊びに来ませんか?

IMGP0916新東名 新清水ICから集合場所となる駐車場まで約2分。温かいケータリングもご用意して、みなさまの参加をお待ちしております!

エントリー受付 2次締切は 123日(金)よる20時まで
■エントリーフォームはこちら
https://lovespo.sakura.ne.jp/mail/s-trail-st/

■SPEED TRIAL Round-2 開催概要はこちら
http://s-trail.lovespo.com/report/?p=208